古物について

【古物の種類】

 

 1.美術品 : 美術品 古美術、骨董品、 絵画、 書画、 彫刻、 工芸品 刀剣など

 

 2.衣類 : 衣類 着物、洋服、その他衣料品、敷物類、布団など

 

 3.時計・宝飾品類 : 時計・宝飾品類 時計、宝石類、 アクセサリー、 金、 
              プラチナなど

 

 4.自動車 : 自動車 自動車とその他の部品(タイヤ、カーナビなど)

 

 5.自動二輪車及び原動機付自転車 :  バイクとその他の部品
                    (タイヤ、サイドミラーなど)

 

 6.自転車類 :  自転車とその他の部品(空気入れ、かごなど)

 

 7.写真機類 : カメラ、カメラレンズ、ビデオカメラ、望遠鏡など

 

 8.事務機器類 :  パソコンとその周辺機器、コピー機、電話機、シュレッダー、
           レジスターなど

 

 9.機械工具類 :  工作機械、土木機械、医療器械、家電製品など

 

10.道具類 :  家具、CD、DVD、ゲームソフト、運動用具、楽器、 日用雑貨など

 

11.皮革・ゴム製品類 :  バッグ、靴、毛皮類、化学製品など

 

12.書籍 :  古本

 

13.金券類 :  各種チケット、商品券、切手、収入印紙など

古物とは、一度使用された物品、使用されていない物品でも使用のために取引されたもの、これらの物品に幾分の
手入れをしたもののことをいいます。

古物の種類は下記の13種類に分かれていますので、許可取得の際には該当する項目の許可を取得するようにしてください。 

【古物に該当しないもの】

 

庭石、石灯篭、空き箱、空き缶類、金属原材料、被覆いのない古銅線類は古物に該当しません。